〜 前川喜平さんと語る、これからの社会、これからの生き方 〜

前文部科学省事務次官の前川喜平さんをゲストにお迎えします。不登校、引きこもり、外国人、発達障がい、LGBT、セクシャルマイノリティ、未修学者、認知症・・ドロップアウトしそうなすべての人に学ぶ権利とありのままに生きる権利がある・・・
フリースクールや夜間中学などの学校外教育の社会的意義と、誰もが学び参加できる社会、誰もが普通に暮らせる社会、いじめの無い社会、居場所のある生き方など、今後日本社会が目指すべき指標についてお話しいただきます。前川さんが毎週ボランティアで教師を務める自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」代表の岩井富喜子さんにも一緒にご参加いただきます。

【ゲスト・プロフィール】
前川喜平1前川喜平(まえかわ きへい)氏
1955年、奈良県御所市生まれ。1979年3月東京大学法学部卒業、同4月文部省に入省。大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て、2016年6月文部科学事務次官。2017年1月退官。同7月以降、加計学園問題での発言で注目を集める。

               記

日 時  : 2018年 5月18日(金)18:30 ~ 20 : 30

会 場  : 早稲田大学早稲田キャンパス11号館9階913教室

参 加 料  : 無料

主 催   :  早稲田大学ソーシャルアントレプレナー研究会(WSEI)

お申し込み : 研究会事務局 info@wsei.jp に氏名、所属などをお知らせください。